まつげエクステの専門サロン 自由が丘・表参道・新宿・六本木「ヴィーナスラッシュ」

まつげエクステをできるだけ長持ちさせるケアのコツ

せっかくまつげエクステしても長持ちしないのは何故?
お手入れ方法で大きく変わる持ちを徹底解析!

■まつげエクステが取れる原因とは

まつげエクステは基本的にまつげの毛周期によって減少していくのですが、それ以外に接着した部分が劣化することで取れてしまう場合もあります。なぜ劣化が起こるかというとまつげエクステと地まつげの接着部分が毎日の洗顔やメイクオフで擦ったりするうちに、初期の接着力が低下していくからです。特に水に濡れる機会が多い方が劣化も早くなります。例えば、日常的にプール、サウナ、ホットヨガなどで汗をかく方は、そうでない方に比べ持ちが悪くなっていきます。

ではどうすればエクステが長持ちするのでしょう。その方法を紹介します。

■まつげエクステした後は触らない・濡らさない

まつげエクステをした後は何もしないのが持ちを良くする最初のポイントです。最低でも5~6時間は触らず濡らさずそのままにしておくこと。まつげエクステ専用の接着剤は乾くのは早いですが、芯まで完全に乾くのに実は24時間かかるのです。まつエク後の洗顔は濡らさずに落とせるシートタイプのクレンジングをお使いいただき、24時間後から普通に洗っていただくことをおすすめします。

■毎日ブラッシングする

洗顔後はまつげをブラッシングして毛並を整えてください。ポイントは濡れている状態の時に行ってください。そのままブラッシングせずにいると、変なクセ(ひっくり返ったり向きがバラバラになる)が付いてしまって元に戻りにくくなります。
濡れている時ならクセも直り整いやすく、きれいなまつげをキープできます。

column170225_01

■ブラッシング後は乾かす

ブラッシングした後はドライヤーの冷風で乾かしてください。濡れた状態が長く続くことで劣化が進行します。乾かすことでその日1日きれいな状態をキープすることができます。

■なるべくマスカラはしない

まつげエクステが少なくなってくるとマスカラを上から塗りたくなりますが、落とす時のクレンジングの衝撃によって、劣化してきたエクステが取れやすくなります。
マスカラの代わりに専用のコーティング剤をお使いになると、長持ちしていきます。

■地まつげ強化

まつげがしっかりしてくるとまつげエクステの持ちがダンゼンよくなります。それにはまつげが生えやすい環境づくりと栄養補給が大事です。
まつげが生えやすい環境とは毛穴をきれいに保つこと。まつげとまつげの間には目ヤニやメイクが溜まりやすく同時に毛穴も詰まりやすくなります。詰まった毛穴をきれにするだけでまつげが健康になった、という方がいるくらい効果は期待できます。
きれいな毛穴からは美容液成分も浸透しやすくなりますので、毛根環境も整っていきます。

column170225_02

健康なまつげは正常な毛周期によってつくられますので、そうすることで正常な毛周期サイクルを保つことができますので、しっかりしたまつ毛が生えやすく自然とまつエクの持ちも良くなっていくのです。

日頃のケア方法によってまつげエクステを長持ちさせることが可能になりますので、是非トライしてみてください。


ご予約はこちらから 24時間受付中

Copyright© Venus Lash. All Rights Reserved.